大阪市内のコワーキングスペースを徹底比較!口コミで人気のコワーキングスペースをご紹介します!

コワーキングスペースで仕事効率をアップさせるコツ

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/12


感染症拡大防止のために在宅で勤務する機会が増えた世の中で、職場という空間の必要性が見直されています。顧客との接点からも大阪市にこだわりがあるという会社は、コワーキングスペースの活用がこれからの時代キーポイントになりそうです。そこで今回は、コワーキングスp-エースで仕事効率をアップさせるコツをお話しします。

コワーキングスペースとはどんな場所でしょうか

よく耳にするようになったコワーキングスペースという場所について、しっかり理解できているかと思うと自信がない人も多いでしょう。「会社はオフィスがないと成り立たない」という考え方を覆すような空間だけに、未だ受け入れがたいと考える経営者も多くいることは事実です。しかし出社することが唯一の選択肢ではなくなった社会では、そのような価値観がすでに崩壊し始めています。

コワーキングスペースとは、働く場所を共有する空間のことで、その中であればどこを使って仕事をしても構わない場所のことをいいます。たとえば、固定した1か所ではなく、同じ系列のところであれば、点在するどのスペースでも利用可能という契約もあります。今はパソコンとネットワークさえあれば、どこでも仕事ができる時代です。電車の中やレストランでも簡単な仕事であればできますが、少し落ち着いて仕事がしたい時などは、専用の空間の方が仕事効率は上がるものです。

部屋を借りる賃貸契約とは違って、その空間を使用する権利を契約するので、賃貸料と比べれば大幅に安く済ませることが可能です。利用する社員の人数分を支払うことで自由に利用できるので、それぞれの生活に合わせた働き方ができます。ビジネスに必要な設備は多種利用可能なので、自宅で家族を気にしながら仕事をするよりも集中できる環境といえます。仕事効率を考えると、経営者として検討することは有益なことでしょう。

コワーキングスペースのメリットとデメリット

コワーキングスペースは働く場所の使用権を契約するものです。そのため賃貸のような高い費用が必要ありません。ただし使用権は従業員の数だけ必要になるので、多くの人を雇用しているような企業は、割高になるかもしれません。そのような場合は、バックオフィスとセールスに分けて契約するなどの検討が必要になります。

最も大きなメリットは、費用面です。月額が2万円程度のものもあるので、1年で24万円、5年で120万円になります。社員が20名であれば、年間480万円程と試算できます。人数と賃貸料を比較してコストパフォーマンスのよいところを探すことができます。

ここでひとつポイントとなるのが、コワーキングスペースであれば設備費用がほとんどかからないという点です。ネットワークや電気などの費用がすべて含まれており、初期投資がいらないことや、修繕費用もかからないことを考えると、賃貸と比較してかなり格安での使用が可能となります。

とくに大阪市などの都市部では、賃貸料は決して安いわけではありませんので、さらにその差は広がるかもしれません。契約しているスペースが複数場所に広がっているところであれば、利用する場所をその都度選ぶこともできます。顧客に近いところや自宅に近いところなど状況に合わせて利用できるので、移動時間を減らすこともでき交通費の削減にもつながります。営業の隙間時間で次の営業の準備が簡単に行なえるので、無駄を極力減らして仕事効率を高めることができます。

コワーキングスペースなら仕事効率が高まる

コワーキングスペースと聞くと、いくら場所を提供されても、周りに他社が多数仕事をしている環境では落ち着いて仕事ができるわけがないという人もいます。でもそれは少し違うかもしれません。学生のころ、自宅でひとり勉強するよりも、図書館で周りが集中している環境に入れば自然と自分も集中できた経験をされていないでしょうか。

つまり人は、周りに人がいることで、逆に集中力を高めることができるのです。周りが頑張っていると、ついつられて一所懸命になることがあるのと同じです。会社では全体で統一された時間軸があって、それに合わせて進めることも重要となりますが、コワーキングスペースでは、多種多様なスピード感が共存しています。

場所を借りる賃貸と大きく違い、コワーキングスペースでは仕事をする環境だけにお金を払っています。つまり、仕事をしなければすべて無駄になる費用を払っているともいえるため、そこに集まる人々は無意識のうちに効率よく仕事を終わらせる努力をできているのかもしれません。自分のペースを理解している人はあまり多くはないので、周りにいる人に影響されることとなり、それがスペース全体の効率の底上げにもつながります。

中にはそんな刺激を受けあったことで意気投合して、新しいビジネスに発展するようなこともあります。コワーキングスペースは、単に仕事をする場所を提供しているだけではなく、そこに集う人々の意識を高める場所ともいえるのかもしれません。

 

場所に依存しない働き方が増えれば、多くの人がコワーキングスペースを使うようになるでしょう。通勤時間が短縮できれば、従業員の衛生管理もよくなるはずです。大阪市にもいろいろな種類のコワーキングスペースが存在しているので。その特徴で選ぶとよいでしょう。

おすすめコワーキングスペース

イメージ
会社名LOBBYThe Deck(堺筋本町)D-SPOT-COM長堀(長堀橋)We workリンクス梅田サーブコープ本町南ガーデンシティ
特徴さまざまなニーズに応えられる充実の施設内容他を圧倒するデジタルファブリケーション機材の充実上質なスペシャルティコーヒーを味わえる大阪らしい活気に満ちたモダンなワークスペース最高級の設備と洗練されたビジネス空間
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索