大阪市内のコワーキングスペースを徹底比較!口コミで人気のコワーキングスペースをご紹介します!

コワーキングスペースを利用する際の注意点

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/12


東京都に次ぐ経済都市の大阪市は、近年目まぐるしい成長を遂げています。その背景のひとつにあるのが、大阪市の新しい取り組みで、自治体が企業に対して優遇措置を行うというものです。大阪市が行っている企業への優遇措置の中には、国が率先して働きかけている「働き方改革」で注目されるコワーキングスペースを充実させることがあります。

企業のコワーキングスペース活用とは

働き方改革で注目されているコワーキングスペースの活用には、簡単いえば会社とは別の場所で従業員に仕事をさせることです。この働き方改革の内容の中には、従業員の健康に関する負担軽減が挙げられています。その健康に関する負担軽減の中で、企業で働く人材が一番困っていると感じているのが通勤です。

従来の形では、公共交通機関や自家用車などを利用して会社のオフィスに出社して働くのが当たり前でした。しかし会社のオフィスの近くに住居を設けられない場合は、遠くに住んで、通勤に長時間かかるとことも珍しくありません。会社から遠い場所に住むとことは、長時間の運転もしくは公共交通機関を何度も乗り継いで、出社時間に間に合わせなければなりません。

長時間の通勤にかかる負担だけではなく、出社時間に合わせて朝早くから起床して身支度をするのも大変です。通勤時間の負担と早朝の起床は体にかかる負担が大きく、会社に着いたときには既に疲れており、仕事をするための集中力がないという状態で仕事を始めなければならないというケースもあったようです。

それでは効率が悪いだけでなく、負担が限界を迎えればメンタル疾患の原因にもなってしまいます。そこで通勤の負担を軽減するために、このコワーキングスペースが役に立つのです。会社のオフィスとは別に仕事ができる場を提供することで、最寄りのワークスペースで仕事ができるので通勤の負担がなくなり仕事の効率が上がることを期待できるというわけです。

他企業の人材と連携をすることで新しいアイディアが生まれる

コワーキングスペースを活用するメリットは、会社に出勤せずに自宅近くのワークスペースで働くことで、従業員の通勤にかかる負担が軽減できることです。しかし最新のコワーキングスペース事情として、まったく別のメリットが生まれています。それは新しいアイディアが生まれるとことです。このコワーキングスペースは単体の会社だけでなく、近年では複数の企業が予算を出し合って設備投資をし、共同使用するというケースが増えています。

先にいったとおりにコワーキングスペースを借りるというのは、国が企業に対して行ってほしいという要請です。確かに企業にとってもコワーキングスペースは便利ですが、そのスペースを見つけるのは大変な作業になります。そこで一つの事務所を複数の企業が借りることで、従業員の負担軽減に役立つだけでなく設備投資の予算を分割できるのです。

企業が協力をしてコワーキングスペースを借りるとことは、その空間の中では異業種が一つのフロアで仕事をすることを意味します。アイディアというのは、単体の価値観だけでは不足部分が多く、生み出すのが困難です。その点異業種の人々と話し合いの場を設けることができれば、その話し合いの中で別の可能性を生みだすことができます。それは双方の人材にとっても知識を深める上で役に立つことであり、企業にとっても異業種との対話で新しいアイディアが生まれれば利益につながるのです。

実際に利用する際には情報漏洩に注意しよう

コワーキングスペースのメリットは、通勤の負担が軽減できるだけでなく、異業種との話し合いの場を設けることで新しいアイディアが生まれることです。

しかしコワーキングスペースを複数の企業で利用する場合には、注意しておくべき点があります。それは情報漏洩です。確かに異業種との話し合いにおいて新しいアイディアが生まれることはメリットではありますが、別の側面を考えると情報が流出しやすいというリスクもあります。

企業が持っている独自のノウハウや技術は、ライバル企業にとっては欲しい情報といえます。同じ施設内で仕事をするとことは、それだけ相手の情報端末から隙を見て抜き取ることができることを意味するのです。実際にコワーキングスペースを利用した企業の中には、大切な情報が抜き取られてしまい、損失を被った事例もあります。

確かに通勤による負担軽減や新しい価値観の創出はメリットではありますが、情報漏洩のリスクを考えると必ずしもメリットばかりとはいえません。インターネット経由で電子端末を使い仕事をすることが当たり前の情報化社会のなかで、企業の持つ情報資産の価値は高いといえます。

ですからもしコワーキングスペースを利用する場合には、必ず社内で情報管理の重要性の理解を深め、機密情報の取扱い方をルール化し守秘義務の遵守を徹底させることが大事になります。たとえば情報端末には自分以外にはログインできないようにするパスワードや起動方式を採用してセキュリティを強化する、端末を盗まれてもすぐに見つかるようにセンサーを取り付けるなどの準備が必要になります。

 

大阪市が発展している背景には、大阪が別名商人の町といわれ、働く人のための環境整備を率先して行う風土があります。働き方改革の一環としてコワーキングスペースの利用数も増えてきていますが、やはり情報管理という面ではリスクがあることを理解し、対策を徹底していく必要があります

おすすめコワーキングスペース

イメージ
会社名The Deck(堺筋本町)D-SPOT-COM長堀(長堀橋)We workリンクス梅田サーブコープ本町南ガーデンシティLOBBY
特徴他を圧倒するデジタルファブリケーション機材の充実上質なスペシャルティコーヒーを味わえる大阪らしい活気に満ちたモダンなワークスペース最高級の設備と洗練されたビジネス空間さまざまなニーズに応えられる充実の施設内容
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索